天然由来の葉酸サプリが大活躍|スクスク育つ

妊娠中に食べたいもの

医者

お腹の中に赤ちゃんがいる人のことを妊婦さんといいます。妊婦さんは普段は気にならないような負担も大きく感じてしまうことがあります。車やバスの揺れにストレスを感じてしまったり、人の多い場所や空気の悪い場所で気分が悪くなったりするでしょう。元気な赤ちゃんを生むためだけでなく、自分自身が健康でいるためにもしっかり栄養をとるようにしましょう。普段からバランスのいい食事で栄養を摂取することが大切です。妊婦さんが食事に取り入れるといい食材というものがいくつかあります。それを知り自分や赤ちゃんの健康に役立てましょう。まず、食事に取り入れるといいのが緑黄色野菜です。色とりどりの緑黄色野菜は健康に必要なミネラルやビタミンが豊富に含まれています。例えば、食物繊維や葉酸、カルシウムや鉄分、ビタミンCやKも豊富です。それらをたくさん摂取することで赤ちゃんの発育に必要とされる葉酸も上手く摂取できるでしょう。しかも、緑黄色野菜はヘルシーなので妊娠太りを気にする必要もありません。次に妊婦さんが食事で取り入れたいのがきのこ類です。最近はたくさんの種類のきのこが野菜コーナーに並ぶようになりました。このきのこ類もカロリーが低く、カルシウムが豊富なのです。干ししいたけを使った料理ならカルシウムだけでなくビタミンDも上手に摂取できるでしょう。この他には発芽米や玄米を入れた雑穀米も妊婦さんにはおすすめです。毎日の食事を雑穀米に変えることで妊娠中に必要な多くの栄養素を主食から補うことができます。