天然由来の葉酸サプリが大活躍|スクスク育つ

ミネラルを補える食品

女性

健康な赤ちゃんを生むためには夫婦で栄養のバランスを考える必要があります。偏った栄養を補うためにアクティブライフという会社の栄養補助食品を使うといいでしょう。大人から子どもまで口にすることができます。

More Detail

赤ちゃんの健康を守る

医者

スクスク育つ健康な赤ちゃんを産みたいというのはどのお母さんも願うことです。そんな赤ちゃんの健康に大きな影響を与えるのがお母さんが口にする食べ物です。食べ物の中にある栄養はお母さんだけでなくお腹の中にいる赤ちゃんにも行き渡ります。ですから、妊娠中は栄養が不足しないようきちんと食事をするようにしましょう。また、たくさんの食事ができないという人は栄養を補うためにサプリメントを利用するといいでしょう。妊娠中のお母さんが1番摂取しなくてはいけないといわれている栄養素が葉酸というものです。この葉酸というのはビタミンB郡の1つでタンパク質やDNAの合成に関わる栄養素で、それらの再生を促す働きもあります。この葉酸という栄養素が妊娠中に不足してしまうと、神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなり先天性異常を持った赤ちゃんが生まれることがあるのです。そういった事態を避けるために、妊娠中のお母さんは1日400マイクログラムの葉酸を摂取しなくてはいけません。葉酸を含んでいる、ほうれん草やブロッコリー、レバーなどを食べるといいでしょう。また、食べ物がなかなか口に通らないという人は葉酸サプリを使って補うことができます。葉酸サプリは必要な量が手軽に摂取できるように作られています。それを使用するといいのが妊娠1ヶ月から3ヶ月程度までの間です。なぜかというと、この頃に赤ちゃんの細胞分裂が盛んになるからです。細胞分裂で脳や体が形作られる頃なので、葉酸サプリを飲んでその発育を手助けしましょう。葉酸サプリには天然由来と合成のものがあります。どちらも効果は変わりませんが、合成のものだと赤ちゃんが喘息になる可能性があるので天然を選ぶといいでしょう。

妊娠36週目からのこと

看護師

妊娠して出産直前になるとよく聞くのが臨月という言葉です。臨月というのは10ヶ月目に入ったときに使われる言葉で、36週目から39週目までのことです。この頃になると眠気を強く感じる人がいます。

More Detail

妊娠中に食べたいもの

医者

妊婦さんは赤ちゃんや自分のために食事からいろいろな栄養を補わなくてはいけません。そんな食事で使うといい食材が緑黄色野菜やきのこ類、雑穀米などです。カルシウムを始めとする栄養が補えます。

More Detail